スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が一度は見るべき動画

日本人が一度は見るべき動画 1/2YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=nBw9gu8r99s&NR=1


日本人が一度は見るべき動画 1/2YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=i1Z0tsidGVc&feature=related

2008年3月23日
栗林忠道中将の63回忌法要が長野で行われた(命日は26日)
アメリカでは大変なヒーローで、ブッシュ大統領の演説に出てきたり
クリント・イーストウッドがわざわざこの人を主人公に
映画を作ったりするくらい、アメリカではヒーローで有名なのに
日本では私たちが忘れていただけじゃなく、地元の長野県松代町
では逆に若い人を死に追いやった悪者
とされていた。
ずっと悪者にされ名誉が失われたままできた・・
そんな法要をやるのかと随分と嫌がらせがあった。

60年以上も歳月が流れた今も、
ここには12000人以上の遺骨が本土に帰る事無く眠ったまま

「なんとか生き残ってもらった女性と子供をね
はじまりにして作った新しい日本はどんな国なんですか?と
きっと皆が胸を張って生きられる、世界に胸を張って
生きている国でしょうね!と。それを見たいんでしょう?」

明徳寺にある栗林中将の墓、ここには遺骨は収められていません。
63年(65年)たった今私たちが考えなければならないのは、
現在の日本の姿
かもしれません。

祭壇の所の石ころ、白い布に包まれた石ころ
あれ日本人が取って来たんじゃないんですよ。
あれはアメリカ人が、せめて・・戦った敵のアメリカ人が
せめて遺骨のかわりにと言ってくれた石ころなんですよ。

あの硫黄島で亡くなった人は私たち普通の庶民と同じような
大工さんとか左官屋さんとか学校の先生とか
役場の人とかそういうパン屋さんとか和菓子屋さんとか
記録見るとそういう人ばっかりです

もう戦争末期で職業軍人ほとんど残っていませんでしたから。
その方たちが2万人亡くなって、戦争終わって60年以上
たつのに今なお帰って来たのはただの8千いくらですよ
1万2千人島で眠ると綺麗な事言っちゃ駄目ですよ!!
本当は閉じ込められているわけでしょ
60年以上僕たちに見捨てられたまま、僕たちが忘れたままあの島に、あの南の暑い暑い地熱の島にそのまま閉じ込められた
ままでいるから、法要やってもお墓の中は空っぽ
祭壇に置かれてるのはアメリカ人がくれた石ころ
それで私たちはあの戦争を克服したと言えるんでしょうか??

あの巨大な帝国陸軍、帝国海軍の組織の中で最後まで日米開戦
に反対したのは栗林さんたった一人なんですよ。

この硫黄島で必ず皆死ぬけれども、この地下で篭ったら
一日戦い引き伸ばしたら、1日分アメリカ軍が硫黄島を
拠点にして本土を爆撃するのが1日減って、
その分女性と子供が生き残って・・
あのアメリカの空襲が、大阪大空襲も東京大空襲も兵隊じゃなくて
女性と子供を中心とした一般市民を狙っていた
もう皆知ってるでしょう?
栗林さんはそれを減らそうとして、あの硫黄島で最後まで穴に
篭って戦ってそうして死んだんです。
それを敵だったアメリカ人はよく知っててヒーローにしてて
日本人は忘れたまま、未だに遺骨12000人の遺骨はまだ
何も帰って来なくて、海上自衛隊の基地は滑走路の下に
日本の方々が眠ったままなんです。閉じ込められたままなんです。
どうしてかと言うと、硫黄島が戦争終わって23年後の1968年
日本に返還された時に私たちが主人公の国民国家の政府と
私達が育んだはずの自衛隊が何をしたかと言うと
滑走路を少し横にずらしただけで、だから一部しか遺骨は
出ないわけです。ほとんどの遺骨はその滑走路のしたに
閉じ込めたまま、たった今も海上自衛機がその上にドーンと
着陸してるわけです。
(米兵の遺骨を収集し、日本兵の遺骨の上に滑走路を
作ったのはアメリカ軍)
海上自衛隊の現役機長からの手紙
「青山さん私はね、硫黄島の上で操縦桿を倒して着陸する時に
これでいいのか!と・・俺がドーンとこの機体をおろしたら
その下で、私達の為に死んだ人の上にドーンとおもしを
かぶせる事になるのに、これでいいのか?と思ったけども
自衛隊と組織の中では話が出来ない。ようやくこれに
気が付く日本国民が出てきた
事を、私は評価したい」

いおうじま× いおうとう○

私たちがやらなきゃならない事は、私たちが国民の声を上げて
あの硫黄島の滑走路を引き剥がして、遺骨を皆の故郷に
帰って頂く。この関西にも一杯いるんですよ、全国から
かき集めたんですから。故郷に帰って頂いたら、その
遺骨の方々が生きてる時に皆の事を想って
今の子供達は今の僕たちの事を想って死んだって事が
子供に伝わったら、今のような愚かな事件も
茨城や岡山で起こったようなわけのわからない事件も
家族と話が出来ない子供もいなかったんじゃないか?
という事を硫黄島の法要をきっかけに考えて頂きたいんです。

VTRのドラム缶に雨水を貯めて、それだけが命のたより
だったんですけど、その玉砕した島で21000人のうち
1033人だけ生き残ったそのうちのお一人の金井けいさん
「ずーっと水だけが60年以上あるんだよ、ドラム缶見たでしょ
?触りましたか?あの中に入った雨水はあの硫黄島だからね、
70度の中だから熱湯になる
んだよ。先に死んでゆく戦友の
唇にそれ浸したら熱湯だから唇が腫れ上がるんだよ・・
だから私はずーっと一杯のお水を冷やして60年間祈ってきました」

皆がこの中で見てくれた方の1%でも2%でも
お水を毎日出来れば汲んで冷やして、南に向かって
祈っていただくと、だんだんだんだんそのお水の運動
が広まって、誰が言い出したか皆が忘れる頃に
そうだ、あの滑走路を引き剥がせ!という国民の声が
必ず出てくると思ってます。


ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july


遺骨収集に広がる支援
2010.1.10 07:55

「いまだに多くの方(の遺骨)が異国に残されたままになっている
ことを(産経新聞の)記事で知りました。一人でも多くの方が
祖国へ帰れるように使っていただければ…」

 84歳になる埼玉県在住の女性は本紙の40年来の読者。
義兄がフィリピンで戦死し、遺骨は帰っていない。昨年女性は、
アルピニストの野口健さん(36)らが参加するNPO法人
「空援隊(くうえんたい)」(理事長・小西理(おさむ)元衆院議員)
の遺骨収集基金に500万円を寄付した。
お金は、昨年、病気で亡くなった姉が長年の会社勤めで
コツコツとためた遺産の一部という。

 「支援の輪」は確実に広がりを見せ始めている。
昨年3月に設置された基金にはこの500万円を合わせて、
これまでに、全国から約2千万円の寄付があった。
「空援隊の会員になって、遺骨収集に参加したい」という
申し込みの電話は毎日のようにかかってくる。
北海道、高知、神奈川…と地方支部の創設も相次いだ。

 昨年1年間、フィリピンで空援隊が収集した戦没者の遺骨は
8675体。数年前とは、ふたケタ違う成果である。
冷ややかだったメディアの対応も変わってきた。本紙以外にも
NHKや他紙が、遺骨収集のニュースを報道するようになった。
もちろん“無視”を決め込んでいるメディアも、まだまだ多いのだが
“この展開”には記憶がある。そう、国民的な運動となり、
すべてのメディアが報じるようになった拉致事件である。

 ただし、いいニュースばかりではない。フィリピンでは昨年末、
政府の派遣団が持ち帰る予定だった4370体の遺骨が、
書類の不備などを理由に約2週間“足止め”になった。同国は
遺骨収集に関する新たなガイドラインを設けることを日本側に
要求しており、それが活動の足かせにならないともかぎらない。

「戦後60年以上が過ぎたんだ。いまさら遺骨収集もないだろう」
との批判も聞こえてくる。こうした声に対し野口さんは、
「一度、現場を見てください。日本の繁栄の礎(いしづえ)
になった方たちですよ。国の責任で故郷へ帰すのが当然じゃないですか

と全国で訴え続けてきた。これは「日本人全員の問題なんだ」とも。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100110/trd1001100756002-n1.htm

特 定 非 営 利 活 動 法 人
空 援 隊

http://www.kuuentai.jp/index.html
スポンサーサイト

先祖に感謝

【春よこい】俺は君のためにこそ死にに行く YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=21JHuOs4MO0&feature=related



神風特攻隊Kamikaze YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=9xk14vLUi0Q&feature=related

日本のあゆみ

誇り 伝えよう日本のあゆみ 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=tOEBU7pFhH4&feature=related



誇り 伝えよう日本のあゆみ 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=LOXpznARBNI&feature=related



誇り 伝えよう日本のあゆみ 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=eODAGhwnbV4&feature=related

YouTouで見つけた動画です。
1894年の日清戦争~1945年終戦までの日本のあゆみを
アニメでわかりやすく知る事が出来ます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。